【ザ・レイン】「珍しい!ウイルス完全解決系ドラマ。雨ウイルスを救うものがファイナルで出現B+」【Netflixオリジナル映画♯17】

全部でシーズン3まででこちらがファイナルになります。私はこちらは全て観終わった上でのレビューとなります。タイトルの通り、原因不明の雨が原因で人間が突然死するというのがこのお話です。ゾンビものではないので、雨を受けるとゾンビになって襲い掛かるとかそう言う話ではないです。

まぁ雨が原因で人が死ぬというのは、発想としては面白いんだけど、ちょっと地味っちゃ地味なんだよね。血の雨とかならわかりやすかったんだけどね。これネタバレしない程度にお話しすると、この雨っていうのが致死力の高い超即効性のあるウイルスが含まれている雨なんですよね。

だからシーズン1は基本的に雨から逃げるっていうのがストーリーの基本構成なんですけど、後半はこの雨のウイルスを唯一体内に溜めて置けて、体内のウイルスをコントロール出来る人間が現れるんだよね。つまりそのウイルスを対外に出して攻撃ができるんだよね、この発想は無かった。

良い点と悪い点を述べていくと、、

良い点なんですが、これちゃんと終わるってことですね。ここだけでも他と大分違いというか、ウォーキングデッドとかもう最初からワクチン探す気無いですから。あと基本的にはお姉ちゃんと弟という大きな二人の構図を崩していないという事かな。基本的な構図を崩して無いんでその辺は良かったかなと思います。

それからシーズンが進むにつれて人間ドラマになっちゃうところは仕方が無いのかなとは思うんですが、「お父さんを探す」ということを目的にシーズン1を使っているので、わかりやすいし、進行がゆっくりになっているので、退屈はしないかなと思います。

そもそもまぁ俺がこれ系好きってのはあるんだけど。

悪い点はね、

ちょいちょい強引に作っちゃったところが目立つかなぁって点です。まずシーズン1の第一話からして、えっ?何でというところがあって、ここはまぁ言っても良いと思うんで言いますが、主人公一行はシェルターで隠れるんですけど、めちゃくちゃ有能なシェルターのくせに、外側の状況をモニタリング出来る機能が無いんですよ。これおかしいよね。

だって、こんだけでかいシェルターの入り口があって、外の状況を把握出来ないなんてあり得ないからね。まぁあとはウイルスコントロール出来るってのは斬新なんだけど、どこまで接近したらダメでとか、防護服付けててもダメな時はダメとか、何というかこのウイルスの定義がよくわからないんですよね。

単純に言えば主人公一行が近づいても正直何ともならないし、それ以外はすぐ死ぬんでね。やるんだったら〇〇m以内に近づいたら死ぬみたいな感じの方がわかりやすいし、映画だから感がないかなと思いますね。

【べいだぁ的総合評価】B+(A>B>C>D)

総合評価としては、B+としました。

キチンと最後までストーリーを作っていて面白い作品かなと思います。兄妹の関係、絆を最後まで重視していたのは非常に良かったです。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です