【2021.4.4/日曜ロードショー】”E.T”「37年後のE.Tとの再会がなんと4分ながら正当な続編も作られていた!S」【往年の名作】

日曜ロードショーで放送されました、もはやいわずもがなの超名作でございますE.Tということで、1982年、つまり今から40年近く前に初めて世に出てきた作品ですが、今でも普通に観れますねぇこれは。俺も初めて見たのは10歳とかだったと思いますね。当時そんな小さかったけれど衝撃を受けましたからね。凄い作品だと思いますね。

監督は勿論かのスティーブンスピルバーグですね。もうさ皆さんもそうだと思うんですけど、ジョーズから始まって、ジュラシック、インディーズジョーンズ、プライベートライアン、

彼の有名な作品はマジで何回観てるかわかんないよね。

監督じゃないけど、制作総指揮で、グレムリンとかバックトゥザフューチャー、メンインブラックとなんか自分の人生を回顧してるかのような映画の数々なんだけど。この作品はいわゆる未知との遭遇の続編と言われていますが、宇宙人と友好的な関係を結ぶ珍しい形なんですよね。

大抵が宇宙人と戦うか、一緒にいるかですよね。一緒にいる系だと、メインインブラックみたいなやつかな。第9地区とかかな。宇宙人と戦う系と言ったら、エイリアンが代表的か、あとはプレデターとか、インデペンデンスデイもそうだよね。

自らがあっちに行く系だとスターシップトゥルパーズとかあの辺ですね。スターシップトゥルパーズは、一般映画としてはエロ要素があってなかなかいいよねあの作品。だからまぁ基本的に対立構図を作る方がアクションを作れるんで、そっちの方が脚本も楽だし、観ている方も飽きづらい作品になると思うんですよね。

この作品って、人間同士ですら憎しみの構図が出てきてないんですよ、それが単純に凄いなと思うんですけど、

例えばこのストーリーって、ある宇宙人が地球にとり残されてしまって、それを偶然見つけた子供が見つからないように守りながら最後は元いた場所まで戻して宇宙船まで見送っていくというような話じゃないですか。

一度E.Tは瀕死の状態になるわけですけど、他の大人たちも必死になってE.Tを助け出そうとするわけですよね。そこでNASAの隊員が、10歳の頃からe.tを待っていた。助けたいって言って純粋な人間の思いは映し出されているけど、e.tを確保してみたいな人間が敢えて出してないんですよね。

徹底的に子供たちとE.T、地球外生命体と他の人たちの優しい交流に徹しているんです。だからね、俺この作品はディズニー作品のように感じるんだよね。彼自身もウォルトディズニーに影響を受けているんでね。

ちなみにこの作品に出てきたキャストの人たちを紹介していくと、主人公のエリオット役がヘンリートーマスという人なんですけど、現在49歳で、直近だと2019年のドクタースリープ。ホラー小説を元にした奴ですね、2021年の好きだった君へこれからもずっと好きに出演していませ。Netflixのオリジナル作品です。

ガーティー役のあの小さな女の子ね、この人がドリュー・バリモア。今47歳。女優さんでもあるけど、映画のプロデュースや監督なんかもやってる実業家になっているようです。

最後にあのE.Tの再会の続編をたったの4分だけですが完成度高く作られていますので、是非観て下さい。

https://www.cinematoday.jp/news/N0112651

【べいだぁ的総合評価】S(A>B>C>D)

総合評価としては、当然S。

40年ほど前に作られた歴史的な作品と思えないほど、色褪せないクオリティー。そして、誰もが認める最高傑作のひとつです。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です