【呪術廻戦】”アニメレビュー”「大人気アニメ呪術廻戦第2クール終了!ここまでの振り返りレビューA」

レビューをしてほしい作品があれば、教えて頂けるとありがたいです。現在少年ジャンプで連載中の作品でアニメ化されました呪術廻戦という事で、ちょうど第二クール24話を観終わりましたんで、そのレビューしていきたいと思います。

ちなみに漫画ではその先のお話と0話というのがあるみたいで、この辺はアニメ化されると嬉しいなとは思うんですが。んでこの作品、作者自身がブリーチの影響を強く受けているという事で確かに基本の形は何となく似てるような感じはしますね。

こっちの呪術廻戦の方が全然好きですけどね俺は。

んでこのお話なんですけど、呪霊っていうバケモンが世の中にはびこっている社会というのが最初にあって、その呪霊にも4級から特急までランクがあると。その呪霊を祓うのが呪術師の役割で、ちなみにその呪術師も同じようにランクがあって4級から特急まであります。

基本的には自分と同じランクの呪霊は倒せるレベルなので、実際に呪霊と呪術師のレベルは一緒ではないんですが、主人公は普通の高校生ではあったんだけど、ある事件に巻き込まれて、

呪霊の中でも最高ランクの特級の更に最高レベルの両面宿儺という呪霊の呪物を食べてそれを体の中に宿してしまうんですね。多方面から彼は殺されそうになるんだけど、こいつあぶねーからね。

彼はどうせ殺されるんなら、彼の宿した宿儺の指は全部で20本だったかな、それを食って死んでやると。それを理由に目の前の死は免れる。そういう事から、呪霊退治のをするための呪術高等専門学校、略して呪術高専に入学して仲間と共に頑張っていくとまぁそんな話ですね。

個人的にはこの呪霊のキモい感じがすごい好きなんだよね。やっぱり呪霊系はキモい感じがいいよね。単純なモンスターって感じじゃなくて、なんか人型の感じのニュアンスはあるけれど体が変形してる感じのね。で特級になると人語も喋ってくるんで更にキモさが増すんだよね。

で更に特級もレベルが上がると、呪術師でも数限られた人間しか展開出来ない領域展開っていう自分だけのフィールドを作れるようになって来るんだよね。ただまぁ残念なのが相手側の超強いやつが、もう殆ど人間みたいな感じなのが個人的には残念かなと思います。

もっとなんというか残忍なやつがいいよね。微妙にイケメンなんだよね。これやなのよ、個人的には。憎らしくしてほしいわけ俺は。んで、最初ではこの両面宿儺の厄介な感じが出てたんですが、全体的に出番がほぼ無いんですよね。この先に出番が控えているって事なんですかね。これが残念かなと思いました。

もっと両面宿儺の出番を増やして欲しいです。だって最強の中の最強の敵だからね。ぬーべの鬼の手みたいに両面宿儺とある意味一緒に戦っていくみたいな感じがあんのかなと思っていたんだけど、何となく手を貸すみたいな間柄じゃないんだよね。

ちなみにぬーべ知ってますかね。なんかこれ前回も言った気がするんですけど、昔地獄先生ぬーべっていう少年ジャンプで連載していた漫画があったんですよね、今は霊媒師いずなに変わっているんだけど。ちなみにぬーべに出てくる両面宿儺もめちゃくちゃ強かったですね。まぁこいつは日本書紀に出てくる岐阜の豪族の集まりみたいな化身なんでそら強いよねって話ではあるんだけどね。

【べいだぁ的総合評価】A(A>B>C>D)

総合評価としては、Aとしました。

これはそもそも皆が支持しているだけのことはあるなと思います。特に+加点部分がないかなぁと思ったので、A止まりとしました。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です