【アップロードデジタルなあの世へようこそ】「これ一番リアルな将来的の仮想現実の世界かもしれないねA−」」【Amazonオリジナルドラマ♯1】

Amazonオリジナルから2020年にリリースされました仮想現実社会をベースとしたSFドラマです。シーズン1が2に繋がる素晴らしいラストだったので、シーズン2が作られることが現時点で確定しててめちゃくちゃ楽しみです。

ストーリーのお話をしますね。

この話は2033年の未来。要は今から10年ちょい後の世界の話。人間が死んだ後にお金はかかりますが、仮想現実の世界にアップロードする事で、次の人生が仮想現実で生きていくことが可能な世界になっています。でお金のかけ方によって、その仮想現実にもランクがあるということです。

で主人公は不慮の交通事故から一番上のランク、レイクビューっていう仮想現実世界に行って、その仮想現実世界を楽しんで行くんだけど、このドラマでは仮想現実社会の拡がりを存分にみせてくれるのがめちゃくちゃ面白いのね。

例えば、人の記憶を売り買いしているマーケットがあるんです。前にも紹介したけどダークウェブのことですね。であとはセックススーツって言って、セックスするのに相手側が現実世界の人間なら、現実世界でセックススーツを用意してセックスする事が可能だと。

ちなみにコンドームも自動判別されて、大きさ自在変えられるのね。面白いのがねこれ現実世界の人も違和感なく受け入れているので、それが当たり前の世界になっているというのが前提なんでどう見ても少なくとも50年後とかの話だと思うんだけどね。

んでその仮想現実世界の紹介が凄く現実的で面白い映画なんだけど、軸に走ってるのがこの主人公ネイサンの死因なんだよね。不慮の交通事故だと思われていたネイサンの交通が実は交通事故ではなかったんじゃないかということ、

そしてネイサンの記憶ファイルの一部が断片的に消されていることから、何らかの陰謀があったんじゃないかという事なんです。

ちなみにこの記憶ファイルってのは、仮想現実にアップロードする前に担当のサポートスタッフが全部みていって、実際に仮想現実世界の手解きまでするのが大きな仕事なんです。そのネイサンの担当スタッフがノラっていう方で、ノラがこのドラマのキーになっていく人物になります。

この作品、ブラックコメディとか今の社会風刺というようなニュアンスで紹介されるんですけど、まぁ確かに死んでまでこんな世界である程度、柔軟ではあるけれど、

aiで支配された機械ばりの世界で生きる人々みたいに映し出されてはいるんだけど、俺の感覚では少し違って、単純にこの世界面白いなと思うんですよね。少し前にが有名ですけど、ゲームの世界に自分が入り込んで社会現象になったわけですけど、それが幸せだと思う人はある種一つの形なんじゃないかと思うんですよね。

だから多分お金のある人って、この仮想現実世界に入る人は多いんじゃないかなって思うんだよね。

だって例えば自分の会社を自分一人で大きくしたとかの自負があるんなら、多分死んでからも悠々自適で暮らしながら、部下に指示をして、会社を大きくするってのが望みの一つでもあると思うんだよね。

【べいだぁ的総合評価】A−(A>B>C>D)

総合評価としては、A−としました。

理由としてはまず将来的な仮想現実の世界が非常にリアルに表現されていることです。人間の科学技術が発展していったら、こういった未来が当たり前のようにやってくるだろうというのが想像出来ます。また暗にこの世界が創られることにこのドラマの制作者からの皮肉を感じることもでき、その点も面白いかなと思います。

また上記に加え、その軸に走る主人公の不可解な事件が並行しているため、単純な仮想現実の世界でのイベントで終わらせず、現実世界との関わりを見せているのも見事です。

本当であればA評価をしたいのですが、私自身がこういったSFが好きすぎて冷静な判断が出来ていないことを考え、少しだけ評価を下げました。コメディーではあるもののセックススーツの回などは、モロにそういう回なので、万人に観れるよ言えるものではないかなという点も考慮しました。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です