【住住2017/2020】「深夜番組感満載のショートドラマが超面白い!(2017:b+,2020:c+」【huluオリジナルドラマ♯9】

お笑いのバカリズムが脚本のドラマで、元々水曜日の深夜でやっていた30分ぐらいのの連続ショートドラマみたい。ドラマっていうか、なんかコントをドラマ化したような感覚ですね。で、これ2017年に最初やってたんですが、2020年にHulu版で別に出してたんで、みて見たんですが、これかなりオススメかなと思います。

2020年と2017年だと2020年だとバナナマンの日村と水川あさみで、2017年だと二階堂ふみにになります。個人的には圧倒的に2017年度がおすすめです。

2017年版の説明だと、

同じマンションにいるバカリズムとオードリーがいて、お互い暇でよく家で遊んでるって設定なんですね、(2020年度版も同様でキャストが違うだけ)

で2017年度だと二階堂ふみがやってきていつのまにかその仲間入りしてる感じなんだけど、このね深夜番組感がめっちゃ俺個人的に好きなんだよね。基本的にね、内容がくだらないんだよね。どのぐらいくだらないかというと、

例えば家で味噌汁作りましょうと。大根派とかなめこ派とかあるじゃないですか、でそれについて議論するみたいな笑

俺ねこのドラマの最終話が死ぬほど好きで、バカリズムの彼とオードリーの若林が、家で漫画読みながら、バカリズムの彼はチョコ系のアイスが欲しいと、オードリーの若林は炭酸が飲みたいみたいな感じなんですけど、

どっちがコンビニに行くかみたいに若林はじゃんけんを提案するんだけど、バカリズムはじゃんけんをしてまで自分は欲しくないから、いいやみたいな感じで終わるんだけど、若林はやっぱり欲しくなったのか、コンビニに行くんですよね。でそれでついでにアイスを買ってきてくれって升野が言うわけですよ。

いやいやそれはおかしいでしょと。升野が言うには、「いや若林さんは自分が立ってまで、コンビニに行きたいわけで、それならついでで買ってきてくれたらいいよね」と。

俺はわざわざコンビニに行くほどアイスが欲しいわけじゃないけど、若林がコンビニに行くならついででいいじゃんみたいな。

「そこは等価値じゃないじゃんみたいな。だからじゃんけんはしないし、買ってきてくれ」と。

その後も面白くて、若林がなら「チョコ系のアイスが無かったら買ってこなくていいですね。」と言うとそれは違うと、「それが無かったら電話して下さい。それに見合うものをその中から探すんで自分の判断でやるのはやめてください」とか言うのよ。

このやりとりがめちゃめちゃ面白くて簡単に言うと屁理屈を言っているわけなんだけど、これって我々の友人関係とか恋人関係でもよくある話じゃないですか。だから敢えてそれを深夜という時間帯に相応しいコントというかドラマにしてる事でめっちゃ笑えるんですよね。

でね、二階堂ふみもこの二人のキャラクターにめちゃくちゃマッチしてて、いい感じに馴染んでるんだよね。

二階堂ふみはね、寝るやつが面白いかな。

ある日二人が朝から仕事でもう夜の2時だから寝ないで行かないと行けないって事で、

なんとかして寝ないようにするんだけど、途中から二階堂ふみがなんとかして寝ようとするんだよね。それをなんとか防ごうとする升野がめちゃくちゃ面白くて、例えばコーヒーでも飲みますかって言って戸棚でコーヒー豆探していて、そのまま寝るとか。

で、30秒ぐらいして升野がおかしいなみたいな感じで、すぐ起こそうとするの。

この子も大分このドラマ心から好きだと思うんだよね。なんか本当に三人は仲良しで同じマンションでこうやって暮らしてるんじゃないかなって誤解するぐらいピッタリなんだよね。

これね、かなりおすすめなんでHulu観ている方は是非観てほしいと思いますね。

【べいだぁ的総合評価】2017:B+,2020:C+(A>B>C>D)

総合評価としては、2017年度版をB+に評価しました。同じ番組ではあるけれど、息の合い方がやはり全然2017年度版とは違うんですよね。

決して2020年度版の日村とか、水川あさみが悪いわけではないのだけれど、なんかやらされている感のドラマって感じがしてしまうんで、2017年度版のような自然な感じが伝わってこないかなと思いました。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です