【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】「田舎感のある貴重な主役のキャストが観ていてマッチしているよねc」

TBSの火曜ドラマな胸キュン系のドラマでございます。

2020年のドラマの「恋は続くよどこまでも」みたいで主役は上白石萌音(かみしらいしもね)ちゃんで、なんかあちらのドラマもドsな上司との関係だったんで、若干似ている部分はあんのかなと思いますね。

大手出版社の在庫管理部を希望して面接を受けたがファッション雑誌『MIYAVI』の編集部に採用され、パリから帰国した編集長の宝来麗子の雑用係に任命される。奈未は麗子から仕事に対する意識の低さを厳しく指摘され、彼女からの業務命令に振り回される。

彼女を見ていて思うのが、なんか女優さんというより、田舎から出てきた女の子感というか見た目もそうなんだけど、それがマッチしている感じがしますね。

俺の好きな番組に「幸せボンビーガール」っていう貧乏な女の子が上京するのを密着取材するっていうやつがあって、川口葵ちゃんっていう女優志望の子の回があるんですけど、

その回がヒットして彼女いつの間にか幸せボンビーガールの顔みたいなキャラクターになっているんですけど、

なんかあの彼女も同じで、まぁあの子はそもそも田舎から上京しているわけなんで事情が違うかも知れませんけどね。この子は上京してきた女の子の役やらせたらピカイチなんじゃないかなぁと思います。

またこの上司の役がファッション雑誌のやり手の編集長なんですが、配役が菜々緒さんってのがこれもまた妙に配役合ってるよね。

ところで編集のドラマってなんか凄く多い感じがしますね、地味に凄い校閲ガールとか、ファーストクラス、歴史もんでいえば、とと姉ちゃんとかもそうなるかな。

ただまぁー、このドラマもそうなんだけど、廃刊の危機みたいなもんが必ずあるんだよね。

時代的にも雑誌の編集って難しくて、今雑誌そもそも買わないからね、調べるのもネットだしね。個人的には本とか雑誌って、手元に残るもんだから好きなんだけどね。

とかいいつつ、引越しとかする時に全部包んで捨てちゃうのは分かっているんだけど、捨てるときに自分がどういう感じで買ったかなぁって意外と思い出すもんなんだよね。

ネットで検索した時とかって、特に思い出ないじゃないですか。この辺がやっぱりモノが残る系と残らない系の違いだよね、っていうよくわからない結論で今回は終わりたいと思います。

【べいだぁ的総合評価】C(A>B>C>D)

総合評価としてはCとしました。

理由としては、キャストの配役は良いと思いますが、ストーリーが編集部での設定であるのでかなりありきたりな感じになってしまっているのかなと思います。

恋愛ラブコメ系ではありますが、キャストはこのままでよいので、もう少しドッキリ要素を出した方が、他の編集ドラマとの差別化が出来たのではないかと思います。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です