【TheHead】「閉鎖空間の南極の研究所で起きたあり得ない本格派ミステリーがかなり面白いA」【Huluオリジナル♯2】

2020年にリリースされたHuluオリジナルのミステリーサスペンスです。この作品テレビでも予告編結構やってましたね。完全スルーしてました。。このドラマは海外ドラマでありながら山pが出演しているので知っている方も多いのかも知れませんが、私これかなり感動しましたね。ストーリーとして完璧。やるやんけ。

とにかくクオリティーが高く、1話50分程度で6話完結なので非常にスッキリとしたミステリーになっているということですね。シーズンがだらだら続くより、ある程度の話で完結してくれた方が中身も濃密だし、すごく良いと思うよね。

舞台は南極の科学研究所でそこで研究していた10名にある事が起きます。彼らと連絡の取れなくなった事が原因で救助隊が出されるのですが、5名の死亡者と3名の行方不明者と2人の生存者がいて、主にこの2人の生存者の話を聞きながら話がフラッシュバックして推理していくという流れです。

だからつまり、スタートは事件後ということなんですね。私全てが終わった後からスタート系、結構好き。昔ロマンシングサガ2っていうゲームがあったんだけど、これも全てが終わったあとから物語が始まるんですよ。なんかそれを無駄に思い出しましたw

彼らの記憶を頼りに救助隊が事実確認をしていくのだけれど、そのフラッシュバックが記憶が飛び飛びになっているという感じではなく、キチンと現実世界と並行して、話が進むので、凄く分かりやすいんですよね。

でもこの事件の真相を見ていく上で、この生存者たちの話がそもそも嘘をついている事もあるわけじゃないですか、それと行方不明者もいるので、その行方不明者が犯人だという事もありますよね。全く最後まで犯人が分からないような作りになっていて、かなり本格派のミステリーだなぁと感じました。久しぶりに見応えのある作品でしたね。

このドラマのポイントは、全員が怪しく見えるっていう作りです。こう疑ったらこの人はこう行動したしたから、この状況が生まれたみたいなものが出来上がっていて誰が犯人かかなり分かりづらい仕様になっていて、最後まで飽きずに観ることが出来ました。素晴らしい出来でしたので、評価はAを付けたいと思います。

【べいだぁ的総合評価】A(A>B>C>D)
面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です