【マーダーミステリー】”海外映画レビュー”「ネトフリで3日で3000万人が観た!?想像を遥かに超えた名作品や!これ」

2019年公開のネットフリックスオリジナル作品ですね。深夜に寝る前にサクッと観ようかなと思っていたんですが、観てびっくりの作品でした。それではレビューをご覧ください。

とりあえず観てみるもんだと感じる

前情報無しで観た(あなたにおススメに出てきた)んで、正直な話、全然期待してなかったんですが、かなりの完成度で驚きました。ネトフリで3日で3000万人というのは、frontrowさんっていうサイトの記事から見て、話してるんですけども。

ネットフリックス史上ではバードボックスに迫る勢いとのこと。たしかにそれは分かる気がしますね。個人的にはバードボックスより全然上かなと思います。まぁバードボックスの方がジャンル的には好きなんですがね。

95分で、実質80分ちょいという短い映画だけども、無駄なシーンが無くて、船内のシーン、ホテルのシーン、図書館のシーン、カーチェイスのシーンと80分という短さを全然感じない作りになっていて、素晴らしいと感じました。

ストーリー

彼らの15年越しのハネムーンで、ヨーロッパ旅行で飛行機で夫のいびきがうるさいから、耳栓を飛行機で借りようとしたんだけど、耳栓が思った以上に高いんで、ファーストクラスから耳栓をちょろまかそうとしきに、偶然ファーストクラスにいた金持ちと話をしているうちに意気投合。

そのまま彼らの豪華ヨットに乗るんだけど、そこで殺人事件が発生するんだけど、どういうわけか容疑者になってしまうというストーリーです。

全体的なつくりがコナンに似ていて、コメディー寄りのコナンって感じがしますね。

この夫婦の2人のノリ超好き。お互いをガンガン罵り合う系のやつ。最初のシーンで超受けたのが、ファーストクラスの客員からここはファーストクラスなので席に戻ってくださいってって注意を受けた後に、「自分の席で石灰でも掘るわ」って笑 多分石炭の誤訳なんでしょうけどね。石灰は掘れないですもんね。

前に映画でルイスと不思議の時計っていう、まるでハリーポッターをパクったようなタイトルの映画の二人のノリとそっくりです。ちなみにですが、ルイスと不思議の時計はそこそこ面白いので、レンタルで借りて見てもいいかもですね。

この女優海外向けにつき

この映画は結構日本好きなんかなとおもいますね。薬も日本のクラリチンが登場するし、日本人女優も起用してますね。でその女優さんが、忽那汐里(くつなしおり)さん。日本では家政夫のミタとか海外映画ではデッドプール2とかに出演してた模様。しかし記憶障害なのか、私は全く覚えておりませんでした。

14歳までオーストラリアに住んでいたので、英語がめちゃくちゃ上手いです。全くもって羨ましい。まぁでも、この人は日本のドラマにとどまる器ではないかなと思う。演技力、美しさ、堪能な語学能力があるんで、海外で活躍した方が伸びるんじゃないかなと。

ちなみにストーリーの出来もいいから、単純な推理話だけではない。ちゃんとオチも用意されていて、中々どうしてって作品でした。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です