実写化!【アラジン】”海外映画レビュー”「これよこれ!ランプの魔人のウィル・スミスは必見」

2019年公開のディズニー映画で実写化されたアラジンですね。ちなみに8月にはライオンキングもフルCGリメイクされるそうなんで楽しみだなぁ。というのも、ボーっと映画の予告で観てましたら、PV映ってました笑 それではレビューをどぞ。

ディズニーは外しようがない


(C)ディズニーアラジン公式

結論から言うとまぁホントにディズニー映画は外さねぇなあという印象。外した映画の記憶がないかなぁ。最近のダンボがまぁあんまりって感じだったけど、最低ラインは超えているからね。やっぱり一つ一つに気合が入っているのを感じますなぁ。

んで、これ結構ね、吹き替えにするか、字幕にするかでかなり悩むんじゃないかなと思うんですよ。

私の場合選択肢無くて、(映画館が少ないのでそれしか無かった)吹き替え版を観て来たんですけどね。取り敢えず吹き替え版めっちゃいいですね。要は本作の吹き替えにするか字幕にするかの決定的な違いは、ミュージカルを元のやつで聴くか、日本語バージョンで聴くかの違いなので、どっちか悩んでいる人は、ホールニューワールドを日本語版で事前に聴いてから判断してもいいかもですね。

オリコンニュースさんがホールニューワールドの部分だけを取っていますので是非お聴きください。いいねぇ上手い!

とりあえず木下春香さんスーパーうまいですねぇ。彼女はミュージカルのロミオアンドジュリエットで抜擢されてから注目される存在になったようです。相当声通ってますよね。松たか子さんもそうですけど、ミュージカル出身の人はめちゃくちゃボイストレーニングしてるから、聴いていて気持ち良いぐらいの伸びがありますよねぇ。

圧倒的なウィル・スミス感

ウィルスミスがジーニー役(あの魔法のランプの精霊ね)は流石にウケる。完全にウィルスミスなんだよね。ウィルスミス感が半端じゃないです。

そしてその吹き替えの山寺さんという人がいるんですが、アイロボットとかインデペンデンスデイとかのお馴染みのウィルスミスの声優ですね。毎回同じってわけではないんですけどね、聞けばあーあの人ね!ってなりますよ。

この話の元は千夜一夜物語、いわゆるアラビアンナイト、いわゆるイスラム世界の説話集です。日本でいえば今昔物語とか宇治拾遺物語とかそういうやつですね。アラビアンナイトは他にはシンドバッドとかアリババとかあるわけなんですけども、その中の「アラジンと魔法のランプ」のお話が1992年にアニメーション化されて、それが今回実写化されたよーという事ですよね。

最近、このね、ディズニーの実写化は多くて、直近でいえば、ダンボ。プーと大人になった僕とか、アリスインワンダーランドとか、パイレーツオブカリビアンとかもそうですね。元はカリブの海賊なので。

とにかくCGが最近では半端じゃないんですよね。ちなみに今回のアラジンのジーニーは、全てCGらしいですね。だから青いウィルスミスで下を加工したとかそんなんじゃないらしいです。びっくりしますよね。最近のCGのすごさが分かるというか。だからレンタルなどで借りた際にはこのCG部分にも注目してみてください。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です