【t@gged/タグド】”海外ドラマレビュー”「あなたが殺されてしまうかもしれないタグ付けに注意せよ」

2016年公開のドラマで、2019年現在ではシーズン3まで公開されています。ジャンルはSNS猟奇スリラーっていうのかな。題材が今風でSNSにまつわる恐怖がテーマになっています。@のところが血で滴っていて、これが何気に怖さを引きだたせていますね。それではレビューをご覧ください。

スマートフォン向けの配信サービスだった?


(c)go90旧HP

この作品が元々go90というyoutubeチャンネルで配信していた作品なんですよね。つまり受けてもスマホで観るというのが基本になっているので、一話一話が25分と短いんですよね。だからサクサク観れます。シーズン1自体が8話なので一つの長めの映画を観るような感覚で観れます。

これあんまり知られてないですけど、もっと評価されるべきなんじゃないかなと個人的には思うんですよね。いや有名なのかもしれないが…。

タグ付けがキーワード

「タグ付け」と聞いて私はハテ?と思いました。というのも私インスタもフェイスブックもやっていないため、この「タグ付け」機能のことを全然知らなかったんですよね。まぁ冒頭でこのタグ付けの説明をしてくれるんで、非常に助かりましたけれど。ハッシュタグの方が私たちは身近なんじゃないかなぁと思ったんですよね。

でもこれ全然機能が違くて、ハッシュタグは、「#○○」でその○○をまとめて検索する機能なんですよね。一方、タグ付けは、自分が投稿した画像とか動画に対して、相手に投稿に関係する人に送る機能なんですよね。つまり全然機能が違うということ。

だから○○さんからタグ付けされましたみたいな感じで相手には届くわけなんです。届いた相手にはそのタグ付けされたリンクを辿って、そのコンテンツに辿り着くとそういうわけなんですね。だから不特定多数の人から、自分をタグ付けされることもあり得るわけです。

ストーリー

ある日、仲良し三人組の女の子の元に「モンキーマンさんにタグ付けされました」という通知が届きます。そのタグ付けされたリンクをたどっていくと、ある女の子がショットガンで撃ち殺されている動画がそこに映っていました。一体何故そんな動画を、3人に送ったのかが不明で、ひたすら怖いわけですよね。しかも当然全然知らないアカウントなんで、タグ付けを消すことは出来るものの、気持ちの悪いったらないでしょう。

最初はフェイク動画じゃないのかみたいな話もあるですが、調べていくとどうやら動画は本物のよう。しかし何故その女の子達にその動画を見せたのか、調べても調べても全く意図が分からないわけなんですよね。共通点も探そうとするんですが、全く分からない。だからその意図を追っていくという話。

シーズン1ではそのモンキーマンを追っていくというのが大きな流れですが、シーズン2以降ではまぁネタバレになるのであんまり言えないんですけど、モンキーマンを追い詰めるものの、悲劇自体が終わらないんです。モンキーマンとは一体誰なのか、何なのか、一人なのかなどなど、若干のミステリー要素を含んだ作品です。

出演している女優さんたちについて

ちなみにこの出てくる女の子達なんですけど、私これ観るまで知らなかったんですけど、ウォーキングデッドのイーニッド役の彼女が突然出てびっくりしたんですよ。彼女特徴的な顔つきだし、ウォーキングデッドでは非常に人気のキャラクターですからね。だから出てきたとき驚いたよね、鼻ピアスしてるけど笑

これ目当てに見る人も多いんじゃないかなぁと思いますね。ケイトリンちゃん。可愛いんだけどね、私日本人なんでどうしてもあの鼻ピアスに慣れないんですよねぇ、、普通に無いほうが良いと思うんだけど。

であと、ヘイリー役を演じている彼女が面白くて、そもそも物凄い有名なyoutuberなんですよね。登録者数が140万人以上!もうね、その100分の1でいいから分けてほしいよね。まぁ私のチャンネル人気ないからさ、少しづつでも良さが分かってもらえればいいんだけど。

23歳という凄く若いヘイリー役のリアマリージョンソンちゃん、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です