【あなたの番です】”国内ドラマレビュー”「交換殺人は実は真相ではないのでは?」

2019年の春ドラマの日曜ドラマで最初から2クールがお約束されているミステリードラマとなります。企画原案はあのakbの秋元康先輩でございます。こういう系のミステリーは好きなので、楽しみですね。早速6話までしか現在(撮影時期)公開されていないので、そこまでをレビューしていきたいと思います。また私なりの考察も踏まえてレビューしました。

こんなに綺麗に歳を取る人いる?

主演女優は原田知世(はらだともよ)さんで、主演の俳優さんは田中圭さんです。原田知世さんは、ブレンディのcmに出てきますね。また女優さんでもありながら、歌手でもあって、PUPAというバンドのボーカルでもあります。

でこの方年齢見てびっくりしたんですよね。若過ぎる…と。石田ゆり子さんみたいな若さなんです。たまにこういう歳を重ねるごとに魅力が増していく人がいるのが人間の不思議なんですよね。若いだけが良いというわけではない典型的な例ですよね。あとガッキーとかも歳を取ったほうが魅力的に映るタイプの一人でもありますね。

こういう話です

でこの話なんですが、ふとマンションの住民会で起こった交換殺人ゲームがきっかけで、ホントの殺人が起きちゃうみたいな話です。

特に複雑なストーリー構成ではないので、普通に見れると思います。交換殺人ってのは、普通に人を殺したら殺人の罪が問われるわけなんだけど、殺したい相手を交換する事で足がつく可能性が限りなく低くなる殺人方法でそれが住民会の話題で出てしまって、実行してしまったと。

まぁそもそもなんでそんなもんやったんだって話なんですが、それは突っ込んではいけないと。

お互いが殺したい人の名前を書いて、箱の中にその殺したい人の名前が書かれた紙を入れて、シャッフルし、箱の中から新たに紙を取って、1枚引くわけです。すると誰かが殺したい名前がそこに書かれているわけ。で出てきた名前でまさかこの人が…

いや誰?みたいなことが起きます。笑

この手法は国内ドラマの手法ではないのか?

現在撮影してる今が6話まで放送されているので、まぁあくまでそこまでのレビューにはなっちゃうんですが、1話目が特に引きつけるような作りにはなっていなくて、少しずつ引き込むような形に仕上げてるんですよね。多分2クールを意識してるからなんじゃないかと思いますね。

ただね、私の疑問がホントにこれ、「交換殺人なのかどうか」ってのが、疑問としてあるわけなんですよ。というのは、必ず「あなたの番です」みたいな紙が残されていてその本人がやったようには見せてはいるんだけど、どうなんだろうと思うんです。実際に殺人をしたという映像が一切映し出されていないんですよ。

だからその点考えると、交換殺人実は関係ないんじゃね?ってのがワンチャンあるんじゃねえのかというのが私の頭の中のコナンモードが言うわけです。

ちなみに後半になると、自分たちにはこう書いてあったとか、実際の紙を見せるわけなんですけど、ぶっちゃげこれも本当かどうか分からないわけなんですよ。だってそんな紙なんていくらでも用意できるし、誰誰を書いたってのも、言った言わないの話であって、いくらでもでっちあげることが出来るような気がします。だからこれ実は交換殺人と見せかけて、一人が全ての犯罪を犯しているんじゃね?と思うんですよねー。まぁあくまで予想でしかないんですけど。

ちなみにhuluでは、ストーリーとは別の「扉の向こう」というショートドラマを独占配信してます。

本編とは関係なく、○○号室の○○みたいな感じで、普段の私生活を15分程度で観ることが出来ます。まぁあくまでこれは人物を深掘りするためのサイドストーリーなんですがね。でもこれが本編と関りのヒントがあったら面白いなぁなんてこと考えていたんだけど、そうするとHULU入っていない人が不利になっちゃうから、まぁーそれはないかぁと思いますけどもねぇ。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です