【海外ドラマレビュー】フリーバッグ/Fleabag「酷いクソワロタ 最高のクソ女が降臨するドラマ」【シーズン1】

2017年公開のドラマ。一話25分全6話で構成されていて、海外ドラマの中では短い部類に入る本作品ですが、レビューが非常に高くちょっと観てみようかなと思ったらかなりはまってしまいましたね。シーズン2が確定したようなので、是非観てみたいと思える作品でした。それではレビューはこちらです。

なんというクソ女

愛すべきクソ女とはまさにこのこと。ドラマのほとんどが彼女の発言する下ネタで構成されているという恐ろしく下品な作品です。(最高の誉め言葉)

でもそれでいて、なんとなく気品漂うのは謎なんですがね。彼女は相手の思っていることを、ちょいちょいカメラ目線で先出しで「きっとこういうだろう」「男ってこうなのよね」というのが伝わってきそうなところで、こっちにニヤっと笑って語り掛ける流れもが凄く笑える。なんかイギリステイストだなぁと思いましたね。ネタの共感が凄くできるので、凄く日本人に合ったような皮肉系のネタだよなぁと。お笑いでいう、横山夏子的な感じですね。

これだけやりたい放題やっていっておいて、作品の完成度は低いのかというと全くそんなことはなく、逆にぶっちぎっているからこそこのドラマが映えるといった仕上がりにしているのは凄いと思いましたね。皆のレビューが高いというのも頷けました。

(C)Amazonプライムカスタマーレビューより

生き方が男らしい

彼女は、婚期を逃した女性が日々満たされなくて、自分の欲求に従う感じのイメージのはけ口を全部セックスに傾けるみたいな女性なのですが、なんとなく憎めないんですよね。それは自分の生き方に素直だからなんだろうなと思います。

皆生きていると、社会の中でこうしなくちゃいけないという規則があったりして、中々自分の本性を現すことはないですが、彼女の場合、思っていることをすべて行動に移すところが凄く私にとって、凄く好印象なんですよね。なんというか男らしくて良い。私は個人的に仲良くなりたいタイプですね彼女みたいな人とは。笑

店から物をパクるときなんて、こっそり物をパクったりするんでなくて、堂々とワインパクっていきますからね。あのシーンめちゃめちゃ笑えました。

女優としての彼女

フィービー・ウォーラー=ブリッジという名前の女優で、直近ではスターウォーズのハンソローの女性型ドロイドL3-37役で出演しています。まさにザ・イギリス人という顔をしていて、この映画の役にはまっているよなぁと思いますね。

でもやっぱり気品が漂ってくるので、メリーポピンズの主人公みたいな役でも合いそうな感じなんですよね。

面白い映画・ドラマあったら教えてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です